このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

依存心・・その1 

あなたは、誰かに頼りたい・・・、なんとかしてほしい・・・、そんな気持ちを感じていますか?
生まれたての子供や、自分で生活力のない子供は、親や大人に「依存」しなければ生きていけませんね。
ですが、大人になってから「依存」したいと感じるとき・・、あなたは自分の中の「不足感」や「喪失感」に気がつくはずです。

「依存心」とは、自分を誰かに助けてもらおう、救ってもらおう、というものです。
そのように感じるとき、人は自分の中の不足感や喪失感を 埋め合わせようとしているのです。
私たちが子供の頃から身につけている、一つの心理的な役割でもあります。

このサイトの記事・画像などのコンテンツの無断転載を、禁止します。 Copyright © by-nature All rights reserved.