このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

多重人格の(今研究されている)治療例:1

現在の研究で、多重人格の治療法としてあげられているのは、どういったものがあるのでしょうか。

増えた人格を徐々に統合してひとりの人格にしよう 、というのが1950〜60年代の主な治療法でした。
主人格を催眠状態にして、副人格に自殺のまね事をさせるのです。
しかし、その結果は、多くの場合が失敗でした。

副人格を抹消するということは、主人格にとっては有害なことのようです。
症状を悪化させることさえあったといいます。
というのは、どんな人格も「必要だから」そこにいるわけです。

何が必要で何が不必要かは、当人だけが決められることなのかもしれません。

このサイトの記事・画像などのコンテンツの無断転載を、禁止します。 Copyright © by-nature All rights reserved.