このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

思い込みの力は、命をも左右する

以前、外国で死刑囚を使ったある実験が行われました。

「これから死刑を執行します」と言って、被験者(死刑囚)に目隠しをし、腕にただの麻酔を打ったのです。
一方、被験者に伝えられた執行方法は、「手首の血管を切って多量出血」させるというもの。
その課程を逐一被験者に聞かせ、最後のカウントダウンが始まりました。

「あと5秒であなたは出血多量で絶命します」
「5・4・3・2・1・0・・・」

カウントダウンが終わった瞬間、被験者の心臓は停止しました。
ところがみなさんにはおわかりと思いますが、被験者には目隠しと麻酔をしただけで、手首の血管など切っていなかったのです。
多量出血もしていません。

なんと被験者は、「思い込みだけで絶命」してしまったのです。
ちょっと残酷な実験だったのかも知れませんが、この実験は人間の驚くべきメカニズムを語っています。

「人間の思い込みの力は、命をも左右する」

逆に言えば、「どんな状況に追い込まれても、生きる希望だけは失くしてはいけない」ということでしょうか・・・。

このサイトの記事・画像などのコンテンツの無断転載を、禁止します。 Copyright © by-nature All rights reserved.