このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

想像妊娠の例・・・その2

これも、「想像妊娠」の例です。

二児の母であるBさんは、仕事を持っていたので今妊娠したくなかったのですが、あるとき心配な時期がやってきました。
まさか、と「少し気にしていた程度」だったのですが、予定日になっても生理がきませんでした。

基礎体温が上がり、吐き気を催し、妊娠の諸症状が出始め、生理予定日を過ぎて3週間が経ったころ、産婦人科へ行きました。
ちなみに、それまでにすでに妊娠を経験しているBさんは「今回の妊娠は確実だ」という思い込みから、あえて妊娠検査薬は使わなかったそうです。

しかし、産婦人科の医師の口から出た言葉は、「想像妊娠です。1週間ほどで生理がくるはずです」。
医師の診断通り、1週間後に生理がきたそうです。
どうやらBさんの場合、「今妊娠したらちょっと困るなあ・・・」と思っていた程度のことが、過度のストレスになっていたようです。

実際に妊娠を経験している人でも正確に判断することが難しいといわれている「想像妊娠」。
未経験の人なら、その心配はなおさらです。

そんなときには一人で悩まずに、産婦人科に相談しましょう。

このサイトの記事・画像などのコンテンツの無断転載を、禁止します。 Copyright © by-nature All rights reserved.