このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

小説の中のドッペルゲンガー

ドッペルゲンガーは作家たちの創作意欲を刺激するらしく、よく文学作品の題材にもなります。

例えばポーの「ウィリアム・ウィルソン」、エーヴェルスの「プラーグの大学生」、アルフレッド・ノイズの「深夜特急」など。
結末はどれも主人公が自分のドッペルゲンガーを殺し、その結果自分も死に至るという悲劇的なものです。

最も有名なのは、ドストエフスキーの「二重人格」でしょうか。
ちなみに、このタイトルは誤訳で、正しくは「二重身」とすべきだそうです。

このドッペルゲンガーは、伝承や小説の中の出来事だけではありません。
精神医学界でも古くから話題になっている現象なのです。

このサイトの記事・画像などのコンテンツの無断転載を、禁止します。 Copyright © by-nature All rights reserved.