このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

ドッペルゲンガーの症例

多くの論文から、典型的と思われるドッペルゲンガーを以下に簡単に記します。
・目の前数十cmまたは数mのところ、あるいは側方に、はっきりとした自己自身の像が見える。
・多くは動かないが、歩行、身振りに合わせて動作する。
・全身像は少なく、顔、頭部、上半身などの部分像が多い。
・一般に、黒、灰色、白などのモノトーンの場合が多い。
・平面的で立体感を欠き、薄い、または半透明な姿で見えることもある。
・自己像は自己自身の姿と必ずしも似ておらず、表情が異なったり、衣服が異なったり、さらには若かったり老けて見えたりすることもある。

そして重要なのは、どのような姿をとって現れても、その人物像が自己自身の像であると直感的に確信して疑わないのが、この現象の特徴だということです。

このサイトの記事・画像などのコンテンツの無断転載を、禁止します。 Copyright © by-nature All rights reserved.