このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

視線は心の動きを表す

何か考え事をするとき、思い出そうとするとき、うそをつくとき・・・
人間の視線は、いろいろな方向に動くようです。
実は、視線によって心の動きがわかる、という説があります。

人間には左脳と右脳があり、左脳は「言語脳」と呼ばれて「意識的に考える」ための脳。
右脳は「イメージ脳」と呼ばれて「五感や身体感覚のイメージ、表現力などを司る」脳。
そして、左脳は右半身を、右脳は左半身を、支配しています。
つまり、それぞれ脳の左右逆側の体を支配しているのです。

これにより、「考え事」をしているときには視線は右に動きやすく、何か「イメージ」しているときには左側に動きやすい、という説です。
右利きの人と左利きの人では逆の場合もあるようですが。

細かい例では、
・視線が右上に上がっているとき・・・初めて見た何かを理解しようとしている
・視線が右下に下がっているとき・・・体に関してイメージしている
・視線が左上に上がっているとき・・・過去のことを思い出している
・視線が左下に下がっているとき・・・音に関してイメージしている
などです。

あなたも、、無意識のうちに視線を動かしているでしょう。
そんなあなたの心の中は、何を感じているのでしょうか?

このサイトの記事・画像などのコンテンツの無断転載を、禁止します。 Copyright © by-nature All rights reserved.