このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

活性酸素がなぜ病気のもとなのか

人間の体内で消費される酸素の2%ほどが、「活性酸素」になるといわれています。
では、「活性酸素」がなぜ病気のもとなのでしょうか?

「活性酸素」には体内の細菌などを撃退して消毒するという性質がある一方、細胞を老化させたりDNAを傷つけたりする性質もある、というのです。
つまり、「毒にも薬にもなる」ということでしょうか。

「活性酸素」が生まれる主な原因としては、紫外線を浴びる、ストレスを溜める、タバコを吸う、などが挙げられています。
そして、「活性酸素」が体内で増えると、肝機能が低下したり、動脈硬化や心筋梗塞になったり、さらにガンや痴呆症などにも繋がる、という説もあります。

このサイトの記事・画像などのコンテンツの無断転載を、禁止します。 Copyright © by-nature All rights reserved.