このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

刺激センサーとしての皮膚

目の視覚耳の聴覚鼻の嗅覚舌の味覚などと同様に刺激を感じる能力は、皮膚にも多く存在します。
その感覚の種類は主に、
・痛覚
・圧覚
・温覚
・冷覚
・触覚
の5つがあるといわれています。

これらを感じるのは、皮膚にある「感覚受容器」の働きだそうです。
この「感覚受容器」で受けとられた刺激が神経を通って「大脳皮質(だいのうひしつ)」へと伝えられ、「痛み」「圧迫感」「暖かさ・冷たさ」などとして認識されるのです。

ご存知の通り、この「感覚受容器」は体中に均等に存在するわけではありません。
例えば足のかかとや肘などには少なく、指先などには多く存在します。
感覚的に「敏感」な部分と「鈍感」な部分があるのです。
もしも体中が均等に「敏感」だったとしたら、裸足では痛くて歩く事もできないかもしれませんね。

このサイトの記事・画像などのコンテンツの無断転載を、禁止します。 Copyright © by-nature All rights reserved.